Information

広報発表

次回作品情報

第2回大韓民国演劇祭 in 大邱
■概要
韓国内16都市から劇団が参加し、6月2日~20日にかけて市内各所で開催
市民演劇、学生演劇から本格的な劇団まで多様な舞台が展開
■日程
平成29年6月14日(水)~18日(日)

■会場
鳳山文化芸術会館ラオンホール(客席数90席)

■参加内容
全国学生演劇祭出演の演劇団による公演と大邱の学生との交流
・ 劇団西一風(立命館大学) 第2回全国学生演劇祭審査員賞受賞
[上演作品] PINTPH™
・ 幻灯劇場(立命館大学) 第2回全国学生演劇祭観客投票2位
[上演作品] 56db ゴジュウロクデシベル
・ 劇団なかゆび(同志社大学) 第2回全国学生演劇祭審査員賞受賞
[上演作品] 断絶の詩人(the poet of disruption

詳しくはこちら↓
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000219457.html

■劇団なかゆび 作品概要
同公演は、東アジア文化都市2017における招聘公演である。育成されるべき若手アーティストとして、劇団なかゆびは、Nakayubiとして海外進出する。

劇団なかゆびが持つ数少ない伝達媒体であるツイッター及びブログによってこの展開については随時報告される。

今回は神田真直の一人芝居。
舞台上では単身乗り込みということになる。

断絶 disruptionーーそれは昨今、多くの紙面で頻繁に取り沙汰される世界情勢を表すワードである。

つい先日、韓国公演を成功させた笑の内閣に神田真直がドラマトゥルクとして参加していたことは、決して偶然ではなかったのである。

この運命的な巡り合わせに驚嘆したまえ!
そして、Nakayubi は世界共通語として世界の断絶を埋めるのか、それとも新たな断絶をもたらすのか、続報を待て!

■協力者
脚本・演出・出演 神田真直
音響 岩谷紗希(幻灯劇場)
照明 西面樹(演劇集団Q)
制作 新原伶