構成員

主宰/脚本・演出・俳優

神田 真直 Masugu Kanda

1993年生。大阪府高槻市で育つ。2013年、同志社第三劇場に入団し、演劇のキャリアをスタートする。役者、脚本、演出、舞台監督、音響としてマルチに演劇に携わり、2014年に劇団なかゆびを立ち上げ。2015年には第三劇場「ホロ、僕はキミを殺してきた」、劇団なかゆび第二本「動悸」、第三劇場引退公演「槻見家の傷跡」と半年で脚本・演出を三公演上演するなど、精力的に創作活動を続けている。常に「新しさ」を求め、博識に裏付けされた精緻な作品づくりを志向してきた。京都学生演劇祭2016における審査員特別賞、第2回全国学生演劇祭における審査員賞等、その活動は高く評価されつつある。さらに京都学生演劇祭2017では実行委員会の会長に就任した。

 

<主な外部参加作品>
※第三劇場およびプロデュース公演での参加作品を除く

2015年4月 物忌み団「大陸ろまん伝」音響操作
2016年2月 演劇ユニット遊走子「グッバイ、トライアングル」出演
2016年11月 物忌み団「らん・らら・るん」舞台監督・音響
2016年12月 人間座「幽霊はここにいる」音響操作
2017年3月 熊の宅急便企画「ようこそご先祖様御一行」音響
2017年5月 笑の内閣「ツレがウヨになりまして」ドラマトゥルク
2017年10-11月 笑の内閣「名誉男性鈴子」出演
2018年7月 劇団速度「冒した者」出演(利賀演劇人コンクール優秀演出家賞、 観客賞1位)
2018年12月「思い出したくない思い出たち」出演


俳優

綱澤 秀晃 Hideaki Tsunasawa

<主な外部参加作品>
※演劇集団Qおよびプロデュース公演での参加作品を除く

2017年3月 ナマモノなのでお早めにお召し上がりください。「人魚の受け皿」出演
2018年1月 よそゆき「ユウ 詩劇」作・演出・舞台美術


俳優・舞台美術

柊木 樹 Miki Hiiragi

<主な外部参加作品>
※第三劇場およびプロデュース公演での参加作品を除く

2017年9月 ビギナーズユニット#24 花火劇社「あのひと」出演
2017年11月 劇団しようよがおくる「スーホの白い馬」出演
2017年12月 みずたまノ譜面「虹の下の向かい方」出演
2018年6月 劇団しようよがおくる風と海と月夜の3つのものがたり「スーホの白い馬」出演
2018年12月 みずたまノ譜面「かちかち山」出演


俳優・照明

西面 樹 Itsuki Saimen / パウ Pau

<主な外部参加作品>
演劇集団Qおよびプロデュース公演での参加作品を除く

2017年3月 モウキ ノ フボク「花束にヒール(仮)」照明
2017年7月 シアターリミテ「ふうちゃんの結婚〜燕の来る舎(いえ)〜」照明操作
2017年11月 がらがら「蛇よ!」照明
2017年12月 後付け・劇団FAX共同公演「サフランライス」出演
2018年2月 劇団つちの娘「少年B」照明
2018年3月 トイネスト・パーク 「NEVER ACADEMIA」照明
2018年3月 シアターリミテ「DO・P・PU・N」照明操作
2018年3月 檸檬のアラカルト「唇のない檸檬が抽象的なピエロの話をする」脚本・演出・出演
2018年4月 後付け「カツカレーはカツ丼」照明
2018年7月 ソキュウ「いず子」出演
2018年9月 劇団FAX「DOG」照明
2018年12月 後付け「ミックスジュース」出演
2018年12月 後付け「スチームアイロン」出演

 


制作

新原 伶 Rei Niihara

1996年生。2015年、立命館大学劇団西一風に入団し、その後2017年3月の退団まで同劇団のすべての作品で制作を担当する。
劇団なかゆびへは2017年7月より加入。制作という肩書にとらわれずテキスト、演出、舞台美術などあらゆるクリエイションをサポートしカンパニーを支える。
2018年11月より京都学生演劇祭常任顧問に就任。

Mail:niihara.1786@gmail.com

 

<主な外部参加作品>
※劇団西一風での参加作品を除く

2016年2月 四劇団共演企画vol.2「裏側ハレて」出演
2016年3月 ロームシアター京都 オープニング事業 搬入プロジェクト-京都・岡崎計画- 学生プロジェクトメンバー
2017年5月 笑の内閣「日・韓・米・春のツレウヨまつり」制作
2017年8月 京都学生演劇祭2017 制作統括
2017年10-11月 笑の内閣「名誉男性鈴子」制作
2018年2月 第3回全国学生演劇祭 制作協力
2018年8月 したため「文字移植」制作助手
2018年12月 サウンド/ドラマ「おじさんと海に行く話」舞台監督

他多数


制作

吉岡 ちひろ Chihiro Yoshioka

1997年生。京都学生演劇祭2015実行委員会への参加をきっかけに、京都市内の小劇場を中心に当日運営としての活動を開始。第3回全国学生演劇祭(2018年2月 於・ロームシアター京都 ノースホール)では実行委員長を務めた。2018年3月の劇団なかゆび加入後も様々なカンパニーに制作補佐や広報として携わり、演劇あるいは舞台芸術作品の広報について日々考えている。

Mail: chi.kyoka@gmail.com

 

<主な外部参加作品>

2015年8月 京都学生演劇祭2015 渉外
2017年5月 笑の内閣「日・韓・米・春のツレウヨまつり」アメリカ編演出補佐
2017年8月 京都学生演劇祭2017 広報
2017年9月-11月 笑の内閣「名誉男性鈴子」広報協力
2018年2月 第3回全国学生演劇祭 実行委員長
2018年6月-11月 KYOTO EXPERIMENT 2018 京都国際舞台芸術祭 事務局インターン
2018年11月 笑の内閣「そこまで言わんでモリエール」広報協力
2018年11月-12月 ソノノチ「つながせのひび」制作補佐
2019年2月 第4回全国学生演劇祭 事務局
2019年3月 吉田寮食堂春のオールスター感謝祭2019 制作

2018年4月-2019年2月 Kiss FM KOBE 「117グループ ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO」進行

他、当日運営多数

広告